×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビューティーナビでは、あなたの美容・健康のお手伝いをする女性必見のサイトです

ビューティーナビおすすめのメタボリックシンドロームとは?

メタボリックシンドロームは代謝症候群、シンドローム、死の四重奏、インスリン抵抗性症候群、内臓脂肪症候群とも呼ばれる複合生活習慣病です。血糖値や血圧がやや高く、お腹が出てきた人のことをいいます。メタボリックシンドロームは、動脈硬化の危険因子である「肥満」、「高血圧」、「高血糖」、「高脂血症」を重複して発症していることがあります。一つ一つの疾病としてはそれほど身体にダメージを与えませんが、肥満でありながら複数併せ持つ状態をメタボリックシンドロームと呼びます。この人達は心筋梗塞や脳梗塞になり易いのです。肥満に関しては、上半身肥満のうち内臓脂肪型肥満です。また、高インスリン血症もみられます。日本の企業労働者12万人の調査では、軽症であっても「肥満」、「高血圧」、「高血糖」、「高トリグリセリド(中性脂肪)血症」、または「高コレステロール血症」の危険因子を1つ持つ人は心臓病の発症リスクが5倍、2つ持つ人は10倍、3〜4つ併せ持つ人ではなんと31倍にもなることがわかりました。厚生労働省の調査では、高血圧患者数は3,900万人、高脂血症は2,200万人、糖尿病(予備軍を含め)は1,620万人、肥満症は468万人と言われております。これらの患者は年々増加しております。最近は過食、運動不足によって内臓脂肪が蓄積し、複数の生活習慣病を合併する人が増えています。40〜74歳までの中高年世代においては、男性では2人に1人、女性は5人に1人が該当すると言われており、まさにメタボリックシンドロームは国民病と言っても過言ではありません。

メタボリックシンドローム審査基準
米国高脂血症治療ガイドラインとWHOによる診断基準の2種類があります。米国高脂血症治療ガイドラインでは、下記5項目のうち3項目が該当するとメタボリックシンドロームと診断ができます。
1)ウエスト(腹囲)が男性で102cm以上(日本人では85cm以上)、女性で88cm以上(日本人では90cm以上)
2)中性脂肪が150mg/dl以上
3)HDLコレステロールが男性で40mg/dl未満、女性で50mg/dl未満
4)血圧が最大血圧で130mmHg以上または最小血圧で85mmHg以上
5)空腹時血糖値が110mg/dl以上WHOによる診断基準は下記のようになります。
高インスリン血症(非糖尿病患者の上位25%)または空腹時血糖110mg/dl以上に加え、以下のうちの2つ以上をもつものです。
1)内臓肥満ウエスト/ヒップ比>0.9(男性)、>0.85 (女性)またはBMI30以上または腹囲94cm以上
2)脂質代謝異常:中性脂肪150mg/dl以上またはHDLコレステロール35mg/dl未満(男性)、39mg/dl未満(女性)
3)高血圧140/90mmHg以上か降圧剤内服中
4)マイクロアルブミン尿症(尿中アルブミン排泄率20μg/min以上か尿中アルブミン/クレアチニン比30mg/g.Cr以上

メタボリックシンドローム予防方法
メタボリックシンドロームを予防するには、まずは生活習慣病を改善する事。摂取カロリーを抑制した食事を取り、三食同じ時間に規則正しく食事をとりましょう。メタボリックシンドロームの象徴お腹ポッコリの体重減少のために、中等度の運動を毎日30分以上(最低10分以上)行いましょう。ウエスト(腹囲)、中性脂肪、血圧、血糖値を減らし、禁煙するよう努力しましょう。
1)食事の内容と量に気をつけましょう。油っぽいものや甘いお菓子などを多く食べ過ぎていませんか。また、偏った食事を続けたり、お酒を飲みすぎたりしていませんか。食生活はメタボリックシンドロームと深く関係していると言われています。ビタミンやミネラル、食物繊維タップリの野菜を多く取り入れたバランスの良い食生活を心がけましょう。
2)適度な運動をするように心がけましょう。運動不足は内臓脂肪蓄積(メタボリックシンドローム)の大きな原因になります。無理のない程度に運動するよう心がけましょう。おすすめなのはウォーキング。血圧の数値が高めの方にも負担が少なく続けられ、脂肪も燃焼しやすいと言われています。また、TVを見ながらなどくつろいだ状態で出来るエクササイズやストレッチもおすすめです。
3)睡眠、休養をしっかり取りましょう。睡眠不足や慢性的な疲労はホルモンのバランスを乱したりなど、脂肪が蓄積しやすい(メタボリックシンドローム)環境を作り出してしまいます。また、ストレスなどの原因にもなるため、睡眠、休養はしっかり取りましょう。4)定期的に健康診断を受けましょう。血糖値や中性脂肪、血中コレステロール値、血圧などはなかなか自分ではわかりません。定期的に病院などで健康診断を受けることも大切です。メタボリックシンドロームは自覚のない方も多いと言われています。自分の体の状態を知っておくことによって、メタボリックシンドロームになる前に適切な対処をすることができます。

ビューティーナビおすすめのメタボリックシンドローム予防商品

アディポリック アディポリック

ルビス500

アディポリック アディポリック ルビス500
アディポネクチン分泌促進の研究から生まれたサプリメント。メタボリックシンドローム・生活習慣病改善の中心的存在として注目されている超善玉物質アディポネクチン。このアディポネクチンの分泌を促進する、世界初のサプリメントです。 約500種類もの成分をぎゅぎゅっと凝縮した健康をサポートするサプリメント。野菜不足やミネラル不足が深刻な現代人にぴったり。野菜成分、ミネラル、アミノ酸のほかにもプエラリアやアルガンオイルなどお肌にいい成分もたっぷり配合。

メタボリック対策サプリメント メタボリック対策サプリメント

 

メタボリック対策サプリメント メタボリック対策サプリメント  
9つもの成分が1回分づつ摂れるパッケージサプリメント。医師が特別にブレンドしたサプリメントパックです。メタボリックシンドローム予備軍からの脱出するためのサプリメントを組合せ。メタボリック対策に必要な成分を全て摂ることが可能です。