×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビューティーナビでは、あなたの美容・健康のお手伝いをする女性必見のサイトです

安心してサプリメント補給してもらうための成分詳細

炭水化物
エネルギー減としてもっとも重要であり、熱や力のもとになります。

脂質
エネルギー源や細胞膜などの構成成分となります。

たんぱく質
体を構成する最も重要な成分で、たんぱく質を構成しているのがアミノ酸です。

ビタミン
それぞれの栄養分の代謝を促進させます。

ミネラル
代謝を促進させるだけでなく、体の構成成分でもあり、機能の維持や調節にかかせません。

コエンザイムQ10
CoQ10は、栄養素を燃焼させる仕組みを、効率良く回転させるために必要な補酵素(体内で物質を分解したり合成したりするときに働く重要な物質の役割を助ける働きをするもの)なのです。

アルファリポ酸
ビタミンC、ビタミンEの約400倍という非常に強力な抗酸化作用で注目のダイエット、アンチエイジング、スキンケアのためのサプリメント素材です。ほうれんそうやレバーなどに比較的多く含まれていますが1日の摂取量の目安とされる100mgを摂るには、1日600kgという途方もない量が必要となります。

ヒアルロン酸
ヒアルロン酸は、構成上で重要とされるコラーゲン組織が崩れないように支えているエラスチン(硬タンパク質)を結びつける働きをしています。特に関節液・眼球ガラス体・皮膚・臍帯に多くみられます。組織の保護および構造の維持や摩擦を和らげ体内に細菌の侵入を防ぐなどの機能を果たします。また、保水能力に大変優れているため、老化を防止するともいわれています。

イソフラボン
女性ホルモンである「エストロゲン」と化学構造が類似し、体内で似たような働きをするため、『植物由来のエストロゲン』とも呼ばれています。イソフラボンは、体の中で女性ホルモンが減少している時は補い、逆にホルモン過剰時には作用を減弱させる働きをすることが確認されています。

アミノ酸
体の中で、2番目に多いたんぱく質。体にとって大切なたんぱく質は、20種類のアミノ酸を材料にして作られます。そのうち11種類は体の中で作り出すことができますが、残りの9種類(子どもは10種類)のアミノ酸は体の中で作り出すことができません。つまり、体にとって必要な成分なのに、食べものからとりいれるしか方法がないということ!お肉はぜったいイヤだっていう人、お魚がきらいで食べない人、豆製品には見向きもしない人…そんな人方は要注意です。

マルチビタミン
一粒で複数のビタミンを摂取することができて、気軽に栄養補給ができる。つまりマルチビタミン簡単にいうと、人が生きていく上で必要な栄養素を複数含んだサプリメントの総称です。

コラーゲン
動物の体の中の結合組織に多く含まれ、真皮、靭帯、腱、軟骨を構成する繊維性のタンパク質の一つです。私たちの体を構成するタンパク質のほぼ30〜40%をコラーゲンが占め、体の形成や機能の維持には必要不可欠な物質です。皮膚組織では水分以外の70%がコラーゲンです。コラーゲンは細胞と細胞をつなぎ、酸素や栄養の補給、老廃物の除去にかかわっておりコラーゲンが不足すると皮膚はみずみずしさを失い、老化が進みます。

葉酸
DNA合成や細胞分裂に重要で、正常な造血作用を促進させて貧血を予防します。不足すると貧血や出血傾向の病気にかかりやすくなります。お酒を多く飲む人、タバコを吸う人、ビタミンCを摂取量が多い人は葉酸の排泄量が増えるため、葉酸の摂取量を増やすといいでしょう。

L-カルニチン
L-カルニチンはアミノ酸の一種。Lカルチニンは狭心症や心不全などの心臓の病気の症状を軽くする効果が臨床試験で確かめられています。日本ではダイエット効果で注目を浴びる以前は医薬品として強心剤や慢性胃炎の治療薬としても使われてきました。その他にも、免疫力の向上などにも効果があると言われています。

システインペプチド
皮膚のケラチン質に存在し、爪・肌・髪の主要構成要素となっています。ミネラルのセレン(セレニウム)を体内に運ぶ働きがあり、解毒効果も促進します。さらに、システインは、すぐれた抗酸化作用を持っており、健全な体づくりや、あらゆる病気の予防には欠かすことができない成分です。メラニンの生成抑制や排泄の促進、淡色化のはたらきや、タバコやお酒による肝臓や脳へのダメージを防ぐには、必要不可欠な成分です。システインは、 サビからカラダを守る効果もあり、美容を気にかけ いつまでも若々しくありたい方から近年とても 注目されています。

プロポリス
有効成分フラボノイド(体の酸化を防ぐ働きがある物質)やアミノ酸、ミネラル等の天然成分が多種多様に含まれており、特に主成分となるフラボノイドは、植物が紫外線やウイルス等の外敵から身を守る為の自己防衛機能としての役割だけでなく、それらを食する昆虫や動物の生活活動にまで影響を与えるほどの重要な物質です。同じ蜂産品であるローヤルゼリーやハチミツなどと違って採取できる量は非常に少なく、人為的には増量合成のできない貴重品です。

ナットウキナーゼ
納豆菌が作り出すネバネバ部分に含まれているナットウキナーゼには、血液をさらさらにする働きがあることから、脳梗塞や心筋梗塞などの血管系疾患が死因の上位を占める日本では、その効果に絶大な期待が寄せられています。人間の体には、脳梗塞などの原因となる血栓(血中の塊)を分解する酵素「プラスミン」を作り出す力があります。ところが加齢とともにプラスミンは作られにくくなり、血中のプラスミンは減ってしまう傾向にあります。そこで活躍を期待されているのが、ナットウキナーゼです。

ポリアミン
すべての生物(微生物、植物、動物)の細胞内でアミノ酸から合成される物質のことで、細胞の増殖や生存に必要不可欠なものです。ポリアミンは細胞内でオルニチンなどのアミノ酸から生成されますが、年齢とともに、減少していくことが分かっています。手軽にポリアミンを摂取できる食品は納豆です。納豆は断トツにポリアミンを含み、1日に普通の納豆1パックを召し上がるだけで、健康維持、ダイエットなどが期待されます。日本人は納豆を食べているから長生きだという説もあるほど、納豆は健康によいことが知られています。この納豆のパワーにはポリアミンが大きく関係しているのかもしれません。

栄養素とサプリメントの重要性
私達の体は60兆個の細胞からできており、ビタミンやミネラルをはじめ、最低でも50種類以上の栄養素が複雑な相互作用をしながら生命を維持しています。体内で生成されない栄養素は体外から摂り入れる必要があり、たとえ体内で生成されていたとしても各栄養素は様々な要因によって減少します。各栄養素はバランスよく摂らないと代謝を促進することができなくなるので注意が必要です。各栄養素は、単体ではなく繋がっていて、ひとつでも欠けると健康を維持できなくなります。栄養素は全てがバランスよく満たされている必要があり、全体のバランスがあってこそ、健康水準は維持できる。1つでも摂取レベルの低い栄養素があれば、その低いレベルに健康レベルも影響されてしまう。せっかくの 栄養素も、たった一つ摂取レベルの低い 栄養素があるだけで仕事ができず余ってしまうことになります。今、多くの人が、脂肪と炭水化物は取り過ぎで、アミノ酸とビタミンとミネラルは不足し過ぎているのだそうです。このような状態が続くと、「代謝異常」が起こり、体に様々な症状が出てきてしまいます。ですから、不足している栄養素はサプリメントで補いましょう。

美容・黒ずみ・セルフエステ

お肌のツヤ・張り・黒ずみなど、気になりませんか?若い頃のお肌を取り戻してみたい方はこちらから。

>>> 美容・黒ずみ・セルフエステについてはコチラ

皮下脂肪ダイエット・わき腹ダイエット

気になる皮下脂肪・わき腹・太ももなどを落として、健康的な体を作りたい方はこちらから。

>>> 皮下脂肪・わき腹ダイエットについてはコチラ



キチンキトサン・サプリメント

不規則な食事、バランスがとれていない食事していませんか?話題のサプリメントを中心にいろいろな商品を紹介。体のバランスが気になる方はこちらから。

>>> キチンキトサン・サプリメントについてはコチラ

ミネラルウォーター

天然水・アルカリイオン水など、いろいろな飲料水を紹介しています。体には、水分が必要です。どんな飲料水で補いますか?気になる方はこちらから。

>>> ミネラルウォーターについてはコチラ


無料 トライアル 送料無料

無料で試せるサンプルから、オススメのトライアルセットなど、お得な情報をご紹介!是非一度お試し下さい。

>>> 無料 トライアル 送料無料についてはコチラ

美保の体験談

私が体験した無料サンプルなど紹介しています。体験談を参考にお試し下さい。

>>> 美保の体験談についてはコチラ