×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ビューティーナビでは、あなたの美容・健康のお手伝いをする女性必見のサイトです

ビューティーナビおすすめの雑穀米

ビューティーナビおすすめの雑穀米で健康生活!家族・お子さんの健康気になりませんか?ビューティーナビでは、おいしく食べて、健康になれる雑穀米を紹介しています。

雑穀米の良さ
日本人が昔から食べてきた雑穀米は、欧米化の進んだ現代の食生活にこそ摂りいれたい、理想的な健康食です。子供達・家族の丈夫な体をつくるためには、日本人の主食であるごはんをしっかり食べることが大切です。雑穀米を白米と一緒に炊くだけで、不足しがちな食物繊維など体に必要な栄養をバランスよく摂取でき、カロリーは低いのに、白米よりはるかに上回る栄養素 食物繊維!雑穀米を白米と一緒に炊くだけで、ビタミン、ミネラル、食物繊維など、不足しがちな栄養、体に必要な栄養をバランスよく摂取できます。

雑穀米に含まれる食材・成分
【雑穀米・大豆】良質の植物性たんぱく質がたっぷり。消化吸収もよく、女性にうれしいイソフラポンも豊富です。
主な栄養素:たんぱく質、イソフラポン、レシチン
【雑穀米・発芽玄米】玄米をわずかに発芽させておいしさと栄養価を高めたもの。
主な栄養素:食物繊維、ギャバ、ビタミンB1
【雑穀米・大麦】食物繊維は雑穀の中でも群を抜いています。
主な栄養素:カルシウム、ビタミンB2、ポリフェノール
【雑穀米・胡麻】注目のセサミンをはじめ、カルシウムや鉄分、たんぱく質など小さな一粒に栄養が満載です。
主な栄養素:セサミン、カルシウム、鉄分
【雑穀米・アマランサス】紀元前5000年以上前からある穀物で、ミネラルやカルシウムなど卓越した栄養バランスです。
主な栄養素:鉄分、カルシウム、食物繊維
【雑穀米・ひえ】稲の作れない高冷地などで、お米の代わりに食べられていました。血液サラサラ効果もあると、いわれています。
主な栄養素:たんぱく質、鉄分、マグネシウム、亜鉛
【雑穀米・キヌア】栄養バランスにすぐれた穀物です。特にタンパク質・ミネラル類・食物繊維が豊富で、必須アミノ酸も全て含みます。
主な栄養素:必須アミノ酸を全て含み、食物繊維、鉄分、カリウム、マグネシウム
【雑穀米・きび】炊くと鮮やかな黄色で、香りやコクが卵に似ているとも言われ味に深みを与える役を果たします。
主な栄養素:カルシウム、鉄、マグネシウム、食物繊維、亜鉛
【雑穀米・あわ】くせも少なく白米と一緒に炊いてもおいしくお召し上がりいただけます。甘みが好まれお菓子などに使われてきました。
主な栄養素:たんぱく質、ビタミンB群、ミネラル、食物繊維
【雑穀米・もち黒米】玄米外層に黒い色素が含まれ、五分づきにすると米が紫色になるため、紫米、紫黒米とも言われています。
主な栄養素:アントシアニン、鉄・カルシウム・マグネシウム
【雑穀米・もち赤米】ポリフェノールの一種のタンニン、たんぱく質や各種ビタミンなどを豊富に含んだ古代米です。
主な栄養素:タンニン、たんぱく質、各種ビタミン
【雑穀米・はと麦】他の穀物に比べ、栄養素を豊富に含んでいるため、穀物の王様とも呼ばれ親しまれています。
主な栄養素:タンパク質、脂質、コイクセラノイド、ビタミンB群、カルシウム、有機ゲルマニウム、鉄、洞、亜鉛
【雑穀米・小豆】吉凶を問わずハレの日の食事として使われます。
主な栄養素:ポリフェノールや鉄分、ビタミンB群、葉酸、サポニン、カリウム
【雑穀米・モロコシ】老化の原因と考えられる過酸化脂質を作られるのを妨げる働きがあります。
主な栄養素:ビタミンE
【雑穀米・そば】毛細血管を強くすると言われるルチンやビタミン、カルシウムも豊富です。
主な栄養素:カリウム、リン
【雑穀米・小緑豆】コレステロールの吸収を抑えて分解する働きがあります。目の疲れが気になる方にもおすすめです。
主な栄養素:ビタミンA、カロチン

ビューティーナビおすすめ雑穀米

シェフズ米 シェフズ米

ファンケル発芽玄米

シェフズ米 シェフズ米 ファンケル発芽玄米
TVで話題の西麻布の名店『アルポルト』の片岡シェフが厳選した雑穀『シェフズ米』栄養・おいしさ共に他を圧倒するこだわりで、レストランのメニューにも使用されているプレミアムな雑穀です。 ギャバやビタミン・ミネラル・食物繊維などが白米以上の栄養価で含まれている発芽玄米。白米2合に発芽玄米1合を加えるだけで、栄養価がぐんと高まります。

88愛情米

 

88愛情米  
玄米で食べても柔らかく甘みがあると評判の岩手県南部産ひとめぼれ「88愛情米」玄米にも豊富な食物繊維、カリウムや鉄分、亜鉛などのミネラル類や必須アミノ酸が含まれています。